南部イエメン結核対策拡充計画

The Project for Expansion of Tuberculosis Control in the Southern Governorates

終了案件

国名
イエメン
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
保健医療
交換公文(E/N)署名
2002年7月
供与額
5.89億円

プロジェクト紹介

イエメンでは1997年時点で毎年4,700人程度の結核患者が発生しており、WHOと日本の支援の下で、直接監視下の短期化学療法(対面指導により数ヵ月に渡り薬剤投与を施し完治率を高める治療手法)の導入を進めていました。しかし旧南イエメン地域では、医療従事者の養成施設がなく、結核対策が遅れていました。この協力では、旧南イエメン地域を対象とした結核対策官の研修・訓練と結核検査・研究のための施設「アデン結核対策センター」の建設を支援しました。結核対策官の育成を通じ、結核患者の早期発見および治療の改善に貢献しました。

協力地域地図

南部イエメン結核対策拡充計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 本協力により建設されたアデン結核対策センター 

  • 正面玄関 

  • 玄関ホール(受付) 

  • 2階廊下 

  • 管理事務室 

  • X線撮影室 

  • レファレンス検査室 

  • 研修用検査室 

  • 講義室(30席) 

  • 銘鈑 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。