第二次ダマスカス郊外県給水開発計画(第2期)

(The Project for Improvement of Water Supply in the Rural Province of Damascus (Phase 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
シリア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2002年6月
事業
無償資金協力
供与額
4.40億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

シリアの首都に隣接するダマスカス郊外県では、都市化による人口増加に伴い、水不足が深刻でした。近くに適当な水源が存在しないため、住民は浅井戸を使用せざるを得ない状況で、水質汚染による水因性伝染病の発生も危惧されていました。この協力(第2期)では、人口増加率が激しいグータ・ガルビーエ地区において、遠方に位置する有力水源を活用するため、送水管、揚水ポンプなどの資機材の調達を支援しました。これにより対象地域の住民に対して安全かつ安定した給水が可能となり、人口1人あたりの給水量の増加に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報