第二次ルアンダ市電話網整備計画(第3期)

(The Project for Rehabilitation of Telephone Network in Luanda Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
アンゴラ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2002年7月
事業
無償資金協力
供与額
9.75億円
課題
情報通信技術

プロジェクトの紹介

アンゴラの首都ルアンダ市の電話網は、降雨により容易に旧式の紙絶縁ケーブルが絶縁不良となり、故障が多発すると共に、通話状態の劣化が際立っていました。また、電話網の配線方法が複雑なため、整備が困難な状況でした。この協力(第3期)では、同市内のテラノーバ電話局管内の加入者線路設備の整備、回線の増設を支援しました。これにより、故障・品質劣化の著しかった電話網が改善され、同地域の電話サービスの向上と拡大に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報