中央高原地域飲料水供給計画(第2期)

(The Project for Rural Drinking Water Supply in Hanang, Singida Rural, Manyoni and Igunga Districts)

【写真】プロジェクトの様子

国名
タンザニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2002年8月
事業
無償資金協力
供与額
3.75億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

タンザニアの中央高原地域は、国内でも特に水事情が悪いため、子どもの疾病感染率・死亡率がともに高く、また水汲み労働が女性と子どもに過剰な負担を強いています。日本は、第1期協力で、ハナン県とイグンガ県2ヵ所に地下水を水源とする給水施設の建設を支援しました。この協力(第2期)では、シンギダ・ルーラル県とマニオニ県の村落2ヵ所に給水施設の建設を支援しました。この協力により、WHOの飲料水ガイドラインに基づいた安全な地下水を水源として確保できるようになり、対象村落の住民に対する安全な飲料水の安定供給に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報