感染症対策計画(第1期)

(The Project for Infectious Diseases Control)

【写真】プロジェクトの様子

国名
タンザニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2002年7月
事業
無償資金協力
供与額
3.14億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

タンザニアでは、HIV感染者数が近年急増しており、1999年には感染者数が130万人、年間死亡者数は14万人を越えています。この協力(第1期)では、HIV簡易検査キット、試薬、小型ガス冷蔵庫、温度監視用機材などの調達を支援しました。これにより、輸血によるHIV感染拡大の危険性が低減するとともに、適切な性感染症の治療を受けられる患者が増加し、感染率の低下、母子間感染の低減に寄与しました。また、適正なワクチン輸送と効果的な予防接種が実施され、小児の感染症罹患率の低下にも寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報