地方電化計画(第3期)

The Project for Rural Electrification

終了案件

国名
ナイジェリア
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
資源・エネルギー
交換公文(E/N)署名
2002年7月
供与額
16.28億円

プロジェクト紹介

ナイジェリアの地方農村部では、集落ごとに独立電源による電力供給が行われていました。しかし、日常的な維持管理ができず、供給電力の質の低下、電力供給の時間制限が著しくなり、電力供給が停止することもありました。日本は第1期協力ではナサラワ州アウェ町・ケアナ町、第2期協力ではバウチ州ボゴロ町とゴンベ州カッシンギ町を対象とし、この協力(第3期)ではボルノ州ダマサク町を対象に送配電用資機材の調達を支援しました。これにより、対象地区における安定した電力供給に寄与しました。

協力地域地図

地方電化計画(第3期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ダマサク町の老朽化した発電所(協力準備調査時撮影) 

  • マイドゥーグリ市内の屈折した電柱(協力準備調査時撮影) 

  • マイドゥーグリ市郊外の屈折電柱の多い地域(協力準備調査時撮影) 

  • 既設マイドゥーグリ変電所での打合せ(協力準備調査時撮影) 

  • 本協力により整備されたマイドゥーグリ変電所の配電盤 

  • 本協力により整備されたマイドゥーグリ市内の33キロボルト送電線 

  • 本協力により整備されたマイドゥーグリ市内の33キロボルト送電線 

  • 本協力により整備されたマイドゥーグリ変電所 

  • 本協力により整備されたダマサク変電所 

  • 日本の支援を示すプレート(ダマサク変電所) 

関連情報