国際協力・研修センター建設計画

The Project for Construction of the International Cooperation and Training Center

終了案件

国名
ラオス
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
ガバナンス
交換公文(E/N)署名
2002年8月
供与額
7.90億円

プロジェクト紹介

ラオスは後発開発途上国からの脱却を目指し、人材育成を重要課題としていました。特に公務員や有識者などを対象とした研修で、地域・国際協力を推進するための人材育成が急務でしたが、同国内には研修や大規模な国際会議を実施できる専用施設がありませんでした。この協力では、ビエンチャン特別市に、研修と国際会議が可能な「国際協力・研修センター」の建設を支援し、公務員などの人材育成に寄与しました。この協力は、日本が途上国における地域的な枠組みによる開発への取り組みを支援するために新設した「広域開発無償」の第一号プロジェクトです。

協力地域地図

国際協力・研修センター建設計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 本協力にて建設された国際協力・研修センター(International Cooperation and Training Center:ICTC)の外観 

  • 玄関前にてセンター所長のThonglung Sayavong氏 

  • ロビーのフロアマップ 

  • 応接室 

  • 多目的ホール 

  • セミナールーム 

  • 多目的ホールでの会議の様子。首脳会議をはじめ、国際会議やスポーツ競技のメディアセンター、研修施設として有効に使用されている。 

  • ロビーの様子 

  • ロビーでの展示の様子 

  • 敷地入口ゲート付近にあるプレート 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。