ムプマランガ州小・中学校建設計画

The Project for Construction of Primary and Junior Secondary Schools in the Mpumalanga Province

国名
南アフリカ共和国
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
教育
交換公文(E/N)署名
2002年12月
供与額
6.60億円

プロジェクト紹介

南アフリカでは、1994年のマンデラ政権成立後、人種隔離(アパルトヘイト)政策が撤廃されたものの、旧黒人居住地域を中心に教室不足や校舎の質の劣悪さは未だ著しく、黒人貧困層の教育水準の向上を妨げる要因となっていました。この協力では、貧困州のひとつであるムプマランガ州の6地区において、小・中学校20 校232教室の建設やトイレ棟の整備、教室備品の整備などを支援しました。これにより、対象地域の不足教室数の42パーセントが整備され、学習環境の質的改善および教育における地域・人種間格差の是正に寄与しました。

協力地域地図

ムプマランガ州小・中学校建設計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この協力で整備されたChief Luthuli小学校。教室棟に加え、生徒用の机や椅子、黒板が整備された。 

  • この協力で整備されたChief Luthuli小学校。 

  • この協力で整備されたChief Luthuli小学校。 

  • この協力で整備されたChief Luthuli小学校。南アフリカと日本のプレートが掲げられている。 

  • この協力で整備されたLangalibalele Community School。 

  • この協力で整備されたLangalibalele Community School。授業中の様子。 

  • この協力で整備されたLangalibalele Community School。 

  • この協力で整備されたLangalibalele Community School。整備された黒板や机、椅子も丁寧に使われている。 

  • この協力で整備されたKgantsho小学校(案件完成時は Sinqobile小学校と呼称)。 

  • この協力で整備されたKgantsho小学校。南アフリカと日本のプレートが掲げられている。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。