第二次カンパラ市内幹線道路改善計画(第1期)

(The Project for Improvement of Trunk Roads in Kampala, Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ウガンダ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2002年11月
事業
無償資金協力
供与額
3.68億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

ウガンダの首都カンパラ市は、国内主要都市への交通の起点であると同時に、海への出口であるケニアのモンバサ港を結ぶ重要な国際幹線道路上に位置しており、同国の交通量の多くが集中しています。このため市の中心部では、交通渋滞の慢性化および路面の劣化による交通事故が頻発していました。この協力(第1期)では、特に緊急性の高いナテテ道路(3.8キロメートル)およびガバ道路(7.9キロメートル)の拡幅や改修整備を支援しました。これらは市内の交通渋滞緩和に貢献し、安全で円滑な道路交通の確保に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報