シディハセイン零細漁村開発計画(第1期)

終了案件

国名
モロッコ
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
水産
交換公文(E/N)署名
2003年1月
供与額
5.15億円

プロジェクト紹介

モロッコのシディハセインは古くから零細漁業活動が行われている漁村であり、漁港関連施設が整備されていないため、漁船を安全に係留できる場所が存在せず漁業活動に支障を来たしていました。また、流通面においても製氷施設が無いため、鮮魚の品質維持が困難な状況にありました。日本は、零細漁業の振興を図ることを目的として、魚市場や管理棟等の施設の建設を支援しました。加えて、防波堤や水揚げ岸壁、船置場などの建設を支援しました。これにより、水揚時の労働環境の改善と零細漁業者の収入の増加に寄与しました。

協力地域地図

シディハセイン零細漁村開発計画(第1期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 漁港施設の全景:入口から撮影(2011年現在) 

  • 漁港施設の全景:進入路上部から撮影(2011年現在) 

  • モロッコ側の予算で漁港内に建設中のレストラン・漁民倉庫(2009年撮影) 

  • 人工魚礁ブロック製作のためにラバトからトラックで搬入された資材写真(2010年撮影) 

  • 漁民への人工魚礁試験プロジェクト説明会(2010年撮影) 

  • 漁民への人工魚礁試験プロジェクト説明会(2010年撮影) 

  • 荒天で港内に侵入するウネリ(2011年1月撮影) 

  • 人工魚礁試験プロジェクト標示板(2010年撮影) 

  • 漁民組合によるタコ壺入りブロック魚礁製作風景(2010年撮影)  

  • 製作された人工魚礁ブロック(2011年撮影) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ