看護教育改善計画

(The Project for Improvement of Nursing Education System)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ウズベキスタン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2003年4月
事業
無償資金協力
供与額
2.92億円
課題
教育

プロジェクトの紹介

ウズベキスタンでは1991年の独立以降、医療保健分野の専門人材が著しく不足しています。また、全国の医療教育機関では、看護医療機材が老朽化していました。この協力では、同国内の53の医療学校と6校の医療単科大学に対し、患者の立場を尊重した「看護モデル」(利用者に寄り添う看護をコンセプトとする)に基づく教育に必要な基本的教育機材の整備と老朽化した機材の更新を支援しました。看護教育に従事する教員に対して行われた技術協力との連携により、同国の看護教育の質および看護サービスの向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報