カブール市公共輸送力復旧計画

The Project for Rehabilitation of the Public Transportation System in Kabul City

国名
アフガニスタン
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
運輸交通
交換公文(E/N)署名
2003年3月
供与額
22.30億円

プロジェクト紹介

アフガニスタンの首都カブール市では、多くの貧困層にとってバスは最も重要な移動手段です。しかし保有台数が大幅に不足しており、朝夕ピーク時の乗車率は170パーセントという苛酷な混雑状況にありました。またカブール国際空港の旅客送迎用バスは1台しかなく、旅客は航空機とターミナル間を徒歩で移動している状況でした。この協力では、カブール市内路線と同空港にバス車両(計115台)と、バス停(252ヵ所)の整備を支援しました。これにより市内路線の定時運行が可能になり、ピーク時の乗車率は約120パーセントに改善されました。

協力地域地図

カブール市公共輸送力復旧計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 協力実施前の様子。民間の小型バス。公共バスの絶対数が不足しており料金が高い民間バスでも屋根の上まで満員となっている。(協力準備調査時撮影) 

  • 協力実施前の様子。民間の小型バス。バスの屋根だけでなく後部のバンパーに足を掛けて帰宅を急ぐ乗客達。(協力準備調査時撮影) 

  • 供与された大型バス。(2010年撮影) 

  • 供与された大型バス。定期点検の様子。(2010年撮影) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。