麻疹抑制計画

The Project for Measles Control

国名
フィリピン
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
保健医療
交換公文(E/N)署名
2003年3月
供与額
8.81億円

プロジェクト紹介

フィリピンでは、子どもの主要な死亡原因のひとつである麻疹の根絶をめざし、1998年に予防接種を集中的に行うキャンペーンを実施しました。その後5年が経過し、予防接種を受けていない子どもが増加しており、麻疹の大流行が懸念されていました。この協力では、生後9ヵ月から8歳未満の子ども約1,800万人を対象として、ワクチン(約2,500万ドース)と注射器、注射器廃棄用セーフティーボックスなどの調達を支援しました。これにより、全国平均約92パーセントの接種率を達成し、麻疹による死亡率・罹患率の減少に寄与しました。

協力地域地図

麻疹抑制計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この協力で供与されたディスポーザブル注射器 

  • この協力で供与された麻疹ワクチン 

  • この協力で供与されたオートディスエーブル注射器 

  • 機材引き渡し式の様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。