警察機材整備計画

(The Project for Improvement of the Equipements for Afghan Police)

【写真】プロジェクトの様子

国名
アフガニスタン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2003年4月
事業
無償資金協力
供与額
2.89億円
課題
平和構築

プロジェクトの紹介

アフガニスタンでは長年にわたる内戦により警察組織が崩壊し、治安が悪化していました。カルザイ移行政権はドイツの支援の下で警察再建を図っていたものの、厳しい財政事情のため再建は困難な状況でした。この協力では、カブール市の警察活動における無線通信機材、交通警察用車輌、交通規制用機材などの整備を支援しました。これにより、当時13あった市内の地区警察本部および警察官との間に、常時通信が可能な警察無線通信システムが構築され、治安の維持や交通の整備に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報