第六次教育施設拡充計画(第2期)

The Project for Improvement of Educational Facilities(Phase 6)

国名
フィリピン
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
教育
交換公文(E/N)署名
2003年8月
供与額
9.47億円

プロジェクト紹介

フィリピンでは継続的な人口増加により学校の教室数が不足しており、一部の学校では2部・3部制授業や定員を大幅に上回る過密状態での授業を余儀なくされています。日本は、この協力(第2期)により、ルソン島中部における教室不足の緩和のため、初等・中等学校52校の教室拡充工事を支援しました。これにより、教育機会の拡充および教育の質の向上が期待されます。なお、日本は、フィリピンに対し平成5年度から「教育施設拡充計画」として、初等・中等学校443校の校舎の建設に協力を行ってきています。

協力地域地図

第六次教育施設拡充計画(第2期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 【協力実施前】計画対象の初等学校の様子 

  • 【協力実施前】計画対象の初等学校の様子 

  • 【協力実施前】計画対象の初等学校の様子 

  • 【協力実施前】計画対象の中等学校の様子 

  • 【協力実施前】計画対象の中等学校の様子 

  • ミニッツ署名 

  • 住民集会 

  • 住民集会 

  • 【完工後】本協力により建設された学校(登校風景) 

  • 【完工後】本協力により建設された学校教室前に集まる生徒たち 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。