サー・ジェイ・ジェイ病院及びカマ・アンド・アルブレス母子病院医療機材整備計画

The Project for Improvement of Medical Equipment for Sir J.J Hospital and Cama & Albless Hospital

国名
インド
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
保健医療
交換公文(E/N)署名
2003年8月
供与額
7.36億円

プロジェクト紹介

インドでは国家計画として保健医療サービスの強化を図っているものの、ムンバイ市では他州大都市と比べて、乳幼児および妊産婦死亡率が依然として高くみられます。同市、同辺の貧困層患者に対し、無料医療サービスを提供するサー・ジェイ・ジェイ病院およびカマ・アンド・アルブレス母子病院では、医療機材の財政的な事情による整備の立ち遅れや老朽化により、基本保健医療が十分に提供されない現状にあります。日本は、両病院に対し、母子保健関連機材と病院運営に不可欠な医療機材の更新・補充を支援し、保健医療サービスの向上に寄与しました。

事業評価

協力現場の写真

  • サー・ジェイ・ジェイ病院:全景 

  • サー・ジェイ・ジェイ病院:診察の様子 

  • サー・ジェイ・ジェイ病院:病棟 

  • サー・ジェイ・ジェイ病院:作業風景(フォローアップ調査) 

  • サー・ジェイ・ジェイ病院:医療機材維持管理室 

  • カマ・アンド・アルブレス母子病院:全景 

  • カマ・アンド・アルブレス母子病院:手術室 

  • カマ・アンド・アルブレス母子病院:外来待合室 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。