予防接種拡大計画

【写真】プロジェクトの様子

国名
マダガスカル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2003年8月
事業
無償資金協力
供与額
2.51億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

マダガスカルでは、ワクチンを保管する冷蔵庫や車輌などのコールドチェーン機材の整備が遅れていたため、予防接種の効率的な実施が困難でした。日本は、技術協力「感染症対策特別機材供与」(1989〜2001年)に続き、この協力では、ワクチン保管、運搬用のコールドチェーン機材(保冷用冷蔵庫、コールドボックス、ワクチンキャリアーなど)の調達を支援しました。これにより、郡保健事務所および保健センターに機材が配備され、適切なワクチンの保存が可能になると同時に、乳幼児や妊産婦に質の高いワクチンが行き届くようになりました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報