予防接種拡大計画

国名
マダガスカル
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
保健医療
交換公文(E/N)署名
2003年8月
供与額
2.51億円

プロジェクト紹介

マダガスカルでは、ワクチンを保管する冷蔵庫や車輌などのコールドチェーン機材の整備が遅れていたため、予防接種の効率的な実施が困難でした。日本は、技術協力「感染症対策特別機材供与」(1989~2001年)に続き、この協力では、ワクチン保管、運搬用のコールドチェーン機材(保冷用冷蔵庫、コールドボックス、ワクチンキャリアーなど)の調達を支援しました。これにより、郡保健事務所および保健センターに機材が配備され、適切なワクチンの保存が可能になると同時に、乳幼児や妊産婦に質の高いワクチンが行き届くようになりました。

協力地域地図

予防接種拡大計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • マダガスカルでは保健センターのワクチン保冷用冷蔵庫の老朽化が進んでいたが、2003年の日本政府の無償資金協力「予防接種拡大計画」により、多くのセンターで冷蔵庫の入れ替えが行われた。ワクチンは熱により効力を失ってしまうため、首都の大型冷蔵室から末端の保健センターに至るまで、ワクチンを常に低温に保つ「コールド・チェーン」の配備が不可欠となる。 

  • 冷蔵庫は非常にシンプルな構造であり、途上国でもメンテナンスが容易。各地域の電源事情により、電気や灯油のオプションが選べるよう配慮されている。 

  • 各種ワクチンの保存の他、保冷剤の冷却も可能。 

  • 冷蔵庫の中が低温状態に保たれているか、午前と午後の1日2回、保健センターの職員が備え付けの温度計をチェックする。 

  • 母親達が持参する母子健康手帳と、保健センター側が保管する記録用紙とを照合させる。母子健康手帳が全国に行き渡っている訳ではないため、ワクチンの接種記録を残すため小さなノートを自分用に持参する母親もいる。 

  • 新生児破傷風の予防のために、妊婦に破傷風ワクチンを接種する。 

  • 「予防は治療に勝る。」供与された冷蔵庫は、ワクチンの質を保ち、多くの子供を感染症から守る役割を担う。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。