母子保健一次医療機材整備計画

The Project for Improvement of Medical Equipment of Primary Health Care Facilities in the Field of Mother and Child Health

終了案件

国名
ジョージア
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
保健医療
交換公文(E/N)署名
2004年2月
供与額
2.47億円

プロジェクト紹介

ジョージアでは、妊産婦死亡率および乳幼児死亡率は、他のNIS(旧ソ連新独立国家)諸国、EU(欧州連合)諸国に比して深刻な状況にあります。また、財政難のため適切な医療サービスを提供するために必要な機材が老朽化し、母子を対象とした保健医療サービス改善の大きな阻害要因となっていました。この協力では、基礎的医療機材の更新を支援しました。これにより、母子保健一次医療分野の診断機能と予防接種体制を整備し、同国の妊産婦と乳幼児に対する均一で質の高い医療サービスの提供に寄与しました。
※「ジョージア」の国名呼称は、平成27年4月22日以降「グルジア」から「ジョージア」へ変更しています。

協力地域地図

母子保健一次医療機材整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 国立感染症センター:コールドルームを中心としたワクチンのコールドチェーンは現在でもきちんと維持されている。 

  • 国立感染症センター:コールドルームの外観 

  • 国立感染症センター:コールドルームの外観 

  • 国立感染症センター:コールドルームの中。全国に配布されるワクチンが保存されている。 

  • ルスタビ産婦人科病院:緑の多い市の郊外に立つ大きな産婦人科病院で、年間2500人以上の新生児がこの病院で生まれている。 

  • ルスタビ産婦人科病院:供与された滅菌器。 

  • ルスタビ産婦人科病院:持ち運びが可能な超音波診断装置。 

  • ルスタビ産婦人科病院:胎児心拍検出器。 

  • マタニティーホームの新生児 

  • 首都トビリシ市内の様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。