寧夏森林保護研究計画

Forest Protection Research Project in Ningxia

国名
中華人民共和国
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
1994年4月〜2001年3月

プロジェクト紹介

中国寧夏回族自治区は、1987年以降防護林対策や森林造成を進めてきましたが、カミキリムシを中心とした森林虫害が認められるようになったことから、「森林病虫害総合防除研究センター」を設置しました。この協力では、病虫害抑制技術の研究および同国全土への抑制技術の普及を行うことを目的として、森林害虫防除技術の開発や研究開発体制の整備などを支援しました。これにより、同センターが自立的かつ継続的に森林保護研究を実施する基盤を確立することに貢献しました。

協力地域地図

寧夏森林保護研究計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 近隣のポプラ造成林視察。カミキリによる被害は特定の木に集中して発生する 

  • 近隣のポプラ造成林視察。カミキリによる被害は特定の木に集中して発生する 

  • 寧夏回族自治区林業研究所視察。組織培養による育種など病虫害防除以外の分野の研究を実施している 

  • 寧夏回族自治区林業庁との協議 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。