バハルヨセフ灌漑用水路サコーラ堰改修計画

(The Project for Rehabilitation and Improvement of Sakoula Regulator on Bahr Yusef Canal)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エジプト [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2004年6月
事業
無償資金協力
供与額
20.01億円
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

エジプトのバハルヨセフ灌漑用水路は、同国の農業全体の約13パーセントの灌漑に利用されている重要な水利施設です。その中流に位置するサコーラ堰は、建設後約100年を経て堰の開閉が十分に行えないなど、本来の灌漑の役目を十分に果たしていませんでした。また自然崩壊の恐れもあり、周辺農民や農地に多大な被害が及ぶと懸念されました。この協力では、崩壊の危機にあるサコーラ堰の更新と、水位・流量調節が容易な最新ゲートの導入を支援しました。これにより、適正な水管理が可能になり、安定的な用水供給に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報