国立森林種子センター・地方森林種子局支援計画

(The Project for the rehabilitation and reinforcement of the capacity of National Center of Forest Seed and four regional forest seed departments(ARSF))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ブルキナファソ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2004年6月
事業
無償資金協力
供与額
3.21億円
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

砂漠化防止の植林計画を進めているブルキナファソ。国立種子センター(CNSF)と地方森林種子局(ARSF)は、種子・苗木の生産、販売、研究、普及活動を行っていますが、機材の老朽化により十分な活動・研究ができていません。日本は、CNSFと4ヵ所(ボボ、ドリ、ファダ、カヤ)のARSFにおいて、研究試験用・種子・苗木生産用などの機材の整備を支援しました。この協力により、優良苗木・種子の研究試験、種子・苗木生産、植林プロジェクトへの苗木の供給が図られ、砂漠化防止の取り組みに寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報