第二次ルサカ市小中学校建設計画(第1期)

(The Project for Construction of Basic Schools in Lusaka, Phase2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ザンビア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2004年8月
事業
無償資金協力
供与額
6.33億円
課題
教育

プロジェクトの紹介

ザンビアの首都ルサカ市では、地方からの人口流入によって人口増加率が高く、それに伴い学校施設が不足していました。そのため、基礎教育への就学率は全国平均を大きく下回っていました。日本の無償資金協力による第一次協力でルサカ市内に小中学校8校の新設を支援しましたが、この協力(第1〜2期)では、小中学校10校の新設と、机・椅子などの機材整備を支援しました。これにより約2万人の生徒が学校に通う機会に恵まれたり、近隣の学校に通うことが可能になり、同市における小中学校の教育環境の改善に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報