ドマシ教員養成校改善計画

The Project for Improvement of Domasi College of Education

国名
マラウイ
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
教育
交換公文(E/N)署名
2004年7月
供与額
5.68億円

プロジェクト紹介

マラウイでは、初中等教育の普及が遅れていましたが、1993年に万人教育(EFA)が進められ、初等教育の無償化を導入しました。これに伴い、中等教育就学者数も急増し、中等教員の不足が生じたため、政府は初等教員を中等教員として採用しました。このため、多くの教員が初等教育の教科内容・教授法しか身につけておらず、質の高い授業を実施できない状況でした。日本は、ドマシ教員養成校において、必要な施設の改善および機材の整備を支援しました。この協力により、中等教員養成校としての機能強化と質的向上に寄与しました。

事業評価

協力現場の写真

  • 新設された付属中等学校での研究授業の様子 

  • 整備された基本的な実験器具を用いて実験に取り組む中学生 

  • 付属中等学校正面 

  • 明るい光の降り注ぐ(付属中等学校)管理棟 

  • 付属中等学校中庭。教室で囲まれることで、安全面もクリア。 

  • 大学体育館。上部が開いているので、通気性がよく、明るい。 

  • 体育館内部。運動目的以外にも講義、集会に使われる。(休暇中には若干枯葉等が舞い込むことも。) 

  • 大学女子寮玄関。 

  • 大学女子寮の部屋。明るく、コンパクトで使いやすい部屋と評判。 

  • 拡張された女子寮全景。大学の風景の中にピッタリとはまっている。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。