マナグア県基礎教育施設整備計画(第2期)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ニカラグア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2004年6月
事業
無償資金協力
供与額
5.15億円
課題
教育

プロジェクトの紹介

ニカラグアでは、内戦やハリケーンの影響により教育施設の老朽化が進み、就学を妨げる要因となっていました。特にマナグア首都圏では人口流入が著しく、教室不足のため住宅や倉庫を利用した劣悪な環境で授業を行う学校もあり、学習環境の早急な改善が求められていました。この協力(第2期)では、マナグア市とシウダ・サンディーノ市の8校(初等・中等)で、85教室の建設を支援しました。第1〜3期の協力を通して、対象校では1教室あたりの生徒数が191人(2002年)から64.8人(2010年)に減り、学習環境が改善されました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報