水質検査システム強化計画

(The Project for Strengthening of Water Examination System)

【写真】プロジェクトの様子

国名
バングラデシュ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2004年9月
事業
無償資金協力
供与額
4.95億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

バングラデシュにおいては、1993年に砒素に汚染された井戸が確認されて以来、地下水の砒素汚染が問題となっています。飲用水の安全性検査としては、簡易な検査は行われていましたが、精度の高い検査の実施体制は確立していませんでした。そのため、日本は、首都ダッカに中央水質検査ラボを建設するとともに、ジェナイダ県・ノアカリ県の既存地方ラボ二ヵ所の整備を支援しました。この協力で、水質検査システムが強化されることにより、全国的な水供給政策が立案・実施され、住民に対する安全な水の供給に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子