工業部門品質向上・競争力強化計画

The Project for Improving the Quality of Products and Increasing the Competitiveness of the Industrial Sector

終了案件

国名
ヨルダン
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
民間セクター開発
交換公文(E/N)署名
2004年9月
供与額
9.03億円

プロジェクト紹介

製品の品質を向上させ、国内外において競争力を高めることを目指しているヨルダン。そのためには、製品の品質管理・向上が不可欠であり、国際的な基準による品質検査を実施する必要があります。ヨルダンにおいては、王立科学院が、工業製品の品質検査を実施していますが、当時、保有する機材は老朽化が著しく、グレードや数量の面でも不十分でした。日本は、同院において、計量校正用機材と工業製品の品質試験用機材の整備を支援しました。この協力により、国際的水準での品質検査が可能となり、ヨルダン製品の国際競争力の向上に寄与しました。

協力地域地図

工業部門品質向上・競争力強化計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 機材が設置されている国家計量校正機構は1979年度にわが国の無償資金協力で建設された王立科学院電子工学サービス訓練センター内に位置しています。建設後30年が経過していますが、建物はきちんと維持管理されており、今で非常にきれいに使われています。 

  • わが国の無償資金協力で機材を整備したことを受け、国家計量校正機構は国際的な認証を受けることができ、ヨルダン国内だけではなく中東地域の企業に対しても計量校正サービスを提供することが可能になりました。 

  • 標準分銅セットと電子デジタル秤を使って計測するヨルダン人技師。 

  • 煙草試験機に試験用のタバコをセットしているヨルダン人技師。この機械を使って、ニコチン等のタバコの成分を分析します。 

  • 蛍光X線分析装置を使って試料の非破壊分析を行っているヨルダン人技師。 

  • 自動引張圧縮試験機。 

  • 自動引張圧縮試験機を使って、アルミ素材の試験を終えたところ。 

  • 走査型電子顕微鏡及び蛍光X線分析装置で検査結果を検索しているヨルダン人技師。 

  • これがヨルダンの標準時になっています。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。