第二次道路建設機材整備計画

(The Project for Supply of Road Construction and Maintenance Equipment(Phase II))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ウズベキスタン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2005年1月
事業
無償資金協力
供与額
9.76億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

ウズベキスタンは、少なくとも2ヵ国の国境を越えないと海岸に達しないため、経済開発には内陸交通を拡充する必要がありました。また、市場経済への移行により交通量が増加し、道路の効率的改修は重要課題でした。しかしながら、道路公社が保有する機材は老朽化しており、道路の維持管理が十分にできていませんでした。この協力では、サマルカンド〜グザール経由アフガニスタン国境のテルミズまでの国際幹線378キロメートルの整備を行うための道路建設工事機材を供与しました。これにより、輸送・物流条件の改善に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報