南部地域病院医療機材整備計画

(The Project for Improvement of Medical Equipment on South Regional and District Hospital)

【写真】プロジェクトの様子

国名
アルバニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2004年12月
事業
無償資金協力
供与額
2.33億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

アルバニアは、欧州の中でも最も貧しい国の1つであり、保健・医療分野においても周辺国の中でも最も低い水準にあります。特に医療部門の立ち後れが深刻であった南部地域の5病院(二次医療施設)では、医療機材の多くが10年以上使用され、老朽化のため適切な診断と治療に支障を来たしていました。日本は、南部地域において、ギロカッスル地域病院を頂点とする5病院において診断・治療に必要な医療機材の整備を支援しました。この協力により、医療サービスの向上、南部地域のリファレル(患者紹介・転送)制度の強化などに寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報