産科業務改善計画

The Project for Improvement of Obstetrical Service

終了案件

国名
アルメニア
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
保健医療
交換公文(E/N)署名
2005年3月
供与額
2.09億円

プロジェクト紹介

アルメニアでは、ソ連崩壊後の経済状況の悪化や社会制度の変化に伴い、保健医療サービスの質が著しく低下しています。そのため、政府は2003年に女性・幼児の脆弱層の保健医療を優先課題とし、多くの保健セクター改革案が掲げられました。しかし、医療施設が保有する医療機材の多くは老朽化しており、望ましい医療サービス提供が不可能な状態にありました。日本は、同国の3つの周産期医療施設に対し、周産期医療に関する診断・治療に必要な医療機材の整備を支援し、周産期医療サービスの向上に寄与しました。

協力地域地図

産科業務改善計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 供与機材:ICU用ベッド 

  • 供与機材:輸液ポンプと保育器 

  • 供与機材:凝固計 

  • 供与機材:心電計 

  • 供与機材:ICUに配置される患者監視装置 

  • 供与機材:手術台 

  • 供与機材:保育器 

  • 供与機材:蒸気式滅菌器 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。