アラマイクバル放送大学教育設備改善計画

The Project for Enhancement of Educational Facilities at Allama Iqbal Open University

終了案件

国名
パキスタン
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
教育
交換公文(E/N)署名
2005年3月
供与額
7.95億円

プロジェクト紹介

パキスタンにおける識字率、就学率は低く、特に、地方農村部居住者や女性において極めて低い状況です。これまでアラマ・イクバル放送大学を中核として、テレビ放送、ラジオ放送の他、全国にある地方キャンパス、地域学習センターを通じて教育プログラムを提供していましたが、同大学の機材では増加する受講生の教育ニーズに応えることが出来ずにいました。日本は、アラマ・イクバル放送大学において通信教育番組・教材を作成するために必要な機材の調達・整備を支援し、同大学において作成・提供している教育プログラムの拡大・充実に寄与しました。

協力地域地図

アラマイクバル放送大学教育設備改善計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • プロジェクトで供与された機材が据え付けられた教育技術研究所(Institute of Educational Technology) 

  • プロジェクトで供与された映像教材制作システムによる撮影風景。供与された機材を利用して頻繁に撮影が行われている。 

  • 適切に維持管理されながら使用されているビデオ一体型カメラ。 

  • オーディオプロダクションシステム:映像教材制作システムが利用されているスタジオのメインコントロールルーム。 

  • オーディオプロダクションシステム:映像教材制作システムが利用されているスタジオのメインコントロールルーム。 

  • オンライン編集システム:撮影した映像のノンリニア編集を行っているところ。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。