国内かつお・まぐろ類漁業基盤修復計画

(The Project for Rehabilitation of the Domestic Tuna Fishery)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ソロモン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2005年3月
事業
無償資金協力
供与額
9.73億円
課題
水産

プロジェクトの紹介

ソロモン諸島西部州周辺は、かつお資源が豊富です。西部州ノロにあるソルタイ漁業会社(注1)は漁船を所有し、かつお類の漁獲と缶詰などへの加工を行っています。同社は、約1,000人を雇用し、輸出される加工品は貴重な外貨収入源となっており、缶詰は国民の重要な動物性蛋白源となっています。しかしながら、同社の保有する漁船は、老朽化が著しい状況です。そのため日本は、かつお竿釣漁船を供与しました。この協力により、漁船稼働率と漁獲量の向上、漁船整備費用の削減が図られ、ソロモン諸島の外貨獲得、ツナ缶詰供給、雇用の確保に寄与しました。 (注1:同社は供与時には公社であったが、2010年に民営化され現在は民間企業になっている。)

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報