西カリマンタン州公立病院医療サービス改善計画

The Project for Improvement of Medical Care of Public Hospitals in West Kalimantan Province

国名
インドネシア
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
保健医療
交換公文(E/N)署名
2005年3月
供与額
4.35億円

プロジェクト紹介

インドネシアでは、経済発展が遅れている地方部、特に西カリマンタン州では、乳幼児死亡率や妊産婦死亡率が全国平均よりも大幅に高くなっています。同国保健省および西カリマンタン州保健局の取り組みにより、一次医療施設では改善が見られましたが、その後方支援を担う州病院、県病院、市病院などの二次医療施設が未整備な状況でした。この協力では、西カリマンタン州の二次医療施設である11ヵ所の公立病院に対し、基礎医療機材(分娩台、超音波診断装置、インファントウォーマー、蒸気滅菌器、X線装置など)の整備を支援しました。これにより、同州における診療体制の信頼性が向上し、乳幼児死亡率および妊産婦死亡率の改善に寄与しました。

協力地域地図

西カリマンタン州公立病院医療サービス改善計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 現地代理店のエンジニアによるオペライト操作トレーニングを受けるスダルソ病院のスタッフたち 

  • 現地代理店のエンジニアが、スダルソ病院のスタッフに顕微鏡操作をトレーニング 

  • 現地代理店のエンジニアによる電気メス操作トレーニングを受けるスダルソ病院のスタッフたち 

  • 派遣エンジニアによる蒸気圧式減菌器操作トレーニングを受けるアブドゥル・アジス病院のスタッフ 

  • 派遣エンジニアによるインファントウォーマー操作トレーニングを受けるアブドゥル・アジス病院のスタッフたち 

  • 派遣エンジニアによる電気メス操作トレーニングを受けるルビニ・ムンパワ病院のスタッフたち 

  • 派遣エンジニアによる吸引器操作トレーニングを受けるルビニ・ムンパワ病院のスタッフたち 

  • 現在もクタパン県病院で活躍している移動式X線撮影装置 

  • 現在もランダック県病院にて良好な状態で稼働している分光光度計 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。