カンダルスタン灌漑施設改修計画

(The Project for the Rehabilitation of the Kandal Stung Irrigation System)

【写真】プロジェクトの様子

国名
カンボジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2005年6月
事業
無償資金協力
供与額
17.40億円
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

カンボジアでは稲作を中心とする農業が主要産業ですが、全国の水田で灌漑施設が整備されているのは約18パーセントに過ぎず、これらの施設も損傷・老朽化や構造上の欠陥から所定の機能を果たしていません。このため同国は農業生産性が低く、農村部における貧困の原因の一つとなっていました。この協力では、首都プノンペン近郊のカンダール州カンダルスタン地区において、既存灌漑施設の改修・改良を支援しました。これにより、作付面積、単位収量、農業収入について、協力開始前の目標値をほぼ達成し、農業生産性の向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報