マナンピティヤ新幹線道路橋梁建設計画

The Project for the Construction of a New Highway Bridge at Manampitiya

終了案件

国名
スリランカ
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
運輸交通
交換公文(E/N)署名
2005年5月
供与額
10.43億円

プロジェクト紹介

スリランカでは、旅客・貨物輸送の多くを陸上輸送が占めていますが、道路の舗装率は低く円滑な輸送が困難な状況でした。また、幹線道路に架かる多くの橋梁は老朽化や幅員不足などの問題を抱えていました。中でも、鉄道・車両の併用橋となっているマナンピティヤ橋は、列車通過時に道路車両通行規制を余儀なくされていたほか、幅員不足のため車両の滞留時間も長く、ポロンナルワ−バティカロア間の円滑な交通の妨げとなっていました。また、車両走行性・安全性の低さも指摘されていました。この協力では、道路専用のマナンピティヤ橋の建設を支援しました。これにより、車両滞留時間が削減されるなど、交通のボトルネックの解消を図りました。

協力地域地図

マナンピティヤ新幹線道路橋梁建設計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この協力で建設されたマナンピティヤ橋 

  • この協力で建設されたマナンピティヤ橋(手前が新設橋梁、奥が既設の鉄道道路併用橋) 

  • マナンピティヤ橋を走る車両 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。