コックスバザール及びケプパラ気象レーダー整備計画(第1期)

(The Project for the Improvement of the Meteorological Radar System at Cox's Bazar and Khepupara)

【写真】プロジェクトの様子

国名
バングラデシュ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2005年7月
事業
無償資金協力
供与額
8.66億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

バングラデシュのベンガル湾沿岸部は、湾の南部で発生するサイクロンに頻繁に襲われ、甚大な人的被害を被ってきました。日本は1988年にコックスバザールおよびケプパラの2ヵ所に気象レーダーを設置し、気象観測を支援してきましたが、機材の老朽化により修復不可能となり、2004年よりレーダー観測が停止していました。この協力(第1期)では、コックスバザール気象レーダー観測所の気象レーダーおよび気象データ通信システムの更新を支援しました。これにより警報の精度が向上し、サイクロンによる被害の軽減に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報