学校建設計画(第二期)

(The Project for Construction of Education Facilities)

【写真】プロジェクトの様子

国名
アフガニスタン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2005年7月
事業
無償資金協力
供与額
10.22億円
課題
教育

プロジェクトの紹介

アフガニスタンでは、初等教育就学者の増加で、教育施設の数は規模が圧倒的に不足し、大部分の学校で二部制・三部制のカリキュラムを組んで対応していましたが、各学校は収容人数を大幅に上回る過密状態となっていました。また、青空教室や輸送コンテナーを教室代わりにするなど、健康面でも子どもたちへの影響が懸念されていました。この協力では、カブール市、カブール県、パルワン県、カンダハル市において、先行する第一期とあわせて学校施設28校を建設し、新設井戸施設、新設トイレを整備するとともに、学校家具の整備(カブール市6校・カブール県8校・カンダハル市7校、パルワン市7校を対象)を支援しました。これにより、対象地域において学習環境の改善に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報