シモイオ初等教育教員養成学校建設計画

The Project for the Construction of the Chimoio Primary Teacher Training Center

国名
モザンビーク
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
教育
交換公文(E/N)署名
2005年6月
供与額
9.45億円

プロジェクト紹介

モザンビークでは、初等教育の就学者数が順調に増えており、教育の質の向上を図るため、質の高い教員の養成を目指しています。しかし、教員数は不足し、無資格教員の割合が増加していました。この協力では、正規の教員養成学校がなく、無資格教員の割合が約6割と全国で最も高かったマニカ州ゴンドラ郡シバタ地区において、初等教育教員養成学校の建設と機材の整備を支援しました。これにより、同校で新規に養成される有資格教員の数は年間420人(2010年実績)に達し、同地域における初等教育教員の質・量の改善に寄与しました。

協力地域地図

シモイオ初等教育教員養成学校建設計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 本協力で建設されたシモイオ初等教育教員養成学校。体育館(右側)、事務管理棟(左側)、付属小学校(中央奥)。緑に囲まれ整備された教育環境で初等教育の教員が養成される。 

  • 本教員養成学校の広い敷地内には付属小学校も建設され(中央奥)、教育実習も行われている。 

  • 音楽教師の養成のために、音楽堂も建設されている。青年海外協力隊も音楽隊員として派遣されており、本協力で供与された楽器を使って授業を行っている。 

  • 事務管理棟と本協力で供与された小型バスと公用車。車両の整備もしっかり行われており、郡の小学校での実習などに行くための交通手段として活用されている。 

  • きれいに整理整頓された図書館。採光の面で配慮されており、自習するには非常に良い学習環境となっている。 

  • 事務管理棟にある事務室。 

  • 事務管理棟にある会議室。学校内の会合のみならずに、外部を交えた会合も開催される。全国現職教員研修レビュー会合も本教員養成学校で行われた。 

  • 教員養成学校付近の水量が必ずしも多くないために、手洗い場の水道の蛇口も節水型になっている。 

  • 学生寮の1室。全寮制となっており、学生は朝から晩まで勉学に励む。 

  • 本協力で供与されたコピー機。事務室で日々活用されている。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。