ラパス県村落開発機材整備計画

終了案件

国名
ボリビア
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
農業開発/農村開発
交換公文(E/N)署名
2005年7月
供与額
6.83億円

プロジェクト紹介

ボリビアのラパス県アチャカチ地区は、標高4,000メートルという厳しい自然条件により農業生産性が低く、市場などへのアクセスも困難なため、大半の先住民系住民は厳しい貧困状態に置かれていました。この協力では、ラパス県が同地区に道路・橋梁・灌漑施設などを建設するために必要な建設機械や車両・機材などの整備を支援するとともに、施工管理技術の指導を行いました。これにより、農産物市場への流通改善や灌漑面積の増加、医療施設や教育施設へのアクセスの確保を図り、同地区住民の生活環境の向上に寄与しました。

協力地域地図

ラパス県村落開発機材整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 供与された資機材で建設された日本橋(ケッカ橋)。同橋の整備により、雨季の増水時に安全に通行が出来るようになり、交通量も増えた。 

  • San Juan橋。 

  • Choquechambilla橋。 

  • 2つのコミュニティーCoromata MediaとCoromata Bajaを繋ぐ幹線道路。 

  • Choquechambilla橋とPutuniコミュニティー間を繋ぐ道路。現在も良く整備されている。 

  • Putuniコミュニティーの灌漑システム。 

  • Taramayaコミュニティーに建設された灌漑システム。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。