バラカ-サリマ間国道五号線橋梁架け替え計画

(The Project for the Reconstruction of Mainroad 5 Bridges between Balaka and Salima)

【写真】プロジェクトの様子

国名
マラウイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2005年8月
事業
無償資金協力
供与額
6.91億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

マラウイの南北の主要都市を結ぶ主要幹線道路である国道5号線は、道路道幅が狭く、橋梁の多くが1車線のコンクリート橋で、損傷・老朽化が著しい状況でした。また、洪水によって橋脚の流出や橋脚基礎の先堀による崩壊が多発し、幹線道路としての信頼性が損なわれていました。この協力では、国道5号線上で損傷・老朽化が著しい4ヵ所の橋梁およびカルバート(暗渠)の架け替えを支援しました。これにより、アンゴニ・カルバートでは交通量が49パーセント増加するなど、道路交通輸送の円滑化・安定化に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報