ロサレス国立病院復旧計画

【写真】プロジェクトの様子

国名
エルサルバドル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2005年8月
事業
無償資金協力
供与額
6.30億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

エルサルバドルのロサレス国立病院は、第2次医療施設のトップレファレル病院として位置づけられる3次医療施設です。しかし、築後100年を経過した施設および機材の老朽化が著しいことに加え、2001年の大震災で手術棟が被害を受けたため、仮設棟で手術を行っており、病院機能の改善が求められていました。この協力では、同病院において手術棟の建設と、主要機材や自家用発電機などの整備を支援しました。これにより、手術部門の機能が回復し、同病院における医療活動の効率化に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報