職業訓練教育施設拡充計画

終了案件

国名
パラグアイ
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
教育
交換公文(E/N)署名
2005年9月
供与額
6.47億円

プロジェクト紹介

パラグアイは南米共同市場(メルコスール)に加盟し、域内関税の撤廃と貿易自由化を進めた結果、競争力のない分野の衰退傾向が顕著になっていました。このため技術教育と職業訓練による人材育成が緊急課題となっていました。この協力では、同国の中心的な職業訓練教育施設であるカルロス・アントニオ・ロペス職業訓練センターに対し、施設と訓練機材の整備を支援しました。これにより同校の実習実施時間が増え、各コースの受講者数も増加するなど、労働市場のニーズにあった技能者の育成に寄与しました。

協力地域地図

職業訓練教育施設拡充計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 建設された印刷・コンピューター棟 

  • 印刷コース。モノクロオフセット印刷機を活用した授業の模様。 

  • 印刷コース。折りたたみ機を活用した実習。 

  • 冷凍空調コース。業務用冷蔵庫実習装置を扱う生徒の様子。 

  • 冷凍空調コース。クーラー配線に関する授業の模様。 

  • 冷凍空調コース。家庭用クーラーの機能・修理に関する授業の模様。 

  • 電子コース授業の模様。 

  • 電子コース。ビデオデッキ訓練パネルを活用した授業の模様。 

  • 機械コース。マシニングセンターの機能を説明する講師。 

  • 電気コース。PLC教材用パネルの実習模様。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。