南部地域拠点病院及びアルバシール病院医療機材整備計画

The Project for Improving Medical Equipment of Southern Region's Hospitals and Al-Basheer Hospital

終了案件

国名
ヨルダン
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
保健医療
交換公文(E/N)署名
2006年5月
供与額
5.23億円

プロジェクト紹介

ヨルダンの首都アンマンに位置し保健省管轄下においては唯一の第3次医療サービスを担うアルバシール病院は、基礎的な医療機材の老朽化、破損のため、その機能を十分果たせていませんでした。また、貧困層の多い南部に位置するカラク病院・マアン病院では医療機材の老朽化のため第2次医療施設としてのサービスを十分提供できない状況にありました。この協力では、これらの病院に対し、透視撮影X線装置、一般撮影X線装置、超音波診断装置、呼吸器、手術関連機材、患者監視装置などの機材の整備を支援しました。これにより、これらの病院の本来機能の回復と医療サービスの改善に寄与しました。

協力地域地図

南部地域拠点病院及びアルバシール病院医療機材整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • X線装置透視撮影(アルバシール病院) 

  • 内視鏡セット(上部)(アルバシール病院) 

  • 新生児保育器(カラク病院) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。