モンドルキリ州小水力地方電化計画

(The Project for the Rural Electrification on Micro-Hydropower in Remote Province of Mondul Kiri)

【写真】プロジェクトの様子

国名
カンボジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2006年6月
事業
無償資金協力
供与額
10.66億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

ベトナム国境の山間部に位置するカンボジア・モンドルキリ州の州都センモノロム市では、公共の電力供給は無く、小規模な民間業者がディーゼル発電によって朝夕数時間ずつ電力供給を行っていました。このため、住民は慢性的な電力不足に悩まされていたほか、電気料金はプノンペンの約4倍に相当し、低所得者には支払いが困難で、貧困削減や地域発展の阻害要因となっていました。この協力では、同州において小水力発電の設備および付帯施設の建設を支援しました。これにより、24時間電力供給が可能となるなど、電力の安定供給に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報