高生産性稲作技術の地域展開計画

Project on the Development and Promotion of Location

終了案件

国名
フィリピン
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2004年11月〜2009年11月

プロジェクト紹介

コメはフィリピンの農業において最も重要な作物ですが、面積当たりの収穫量は低く、品種改良、機械化、栽培体系の確立が求められていました。これまで、日本は、無償資金協力および技術協力により、フィリピン稲作研究所の建設と小規模農家向け稲作技術の研究開発を支援してきましたが、この協力では、モデル地区において同研究所が開発した基礎技術の実用化を目指し、低投入・地域適応型栽培体系の開発や稲作技術の技術支援体制の構築を支援しました。これにより、対象地区における稲の生産性および農家の所得の向上に寄与しました。

協力地域地図

高生産性稲作技術の地域展開計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • プロジェクトで建設されたAgusan.支所の研修施設 

  • 農民学習センター(中部ルソン・Cabanatuan) 

  • 野菜栽培(北西ルソン・Currimao) 

  • 簡易堆肥作成法(北西ルソン・Currimao) 

  • 苗床利用(北西ルソン・Currimao) 

  • 展示圃場サイト視察(北西ルソン・Tapao-Tigue) 

  • インタビュー(北部ミンダナオ・Charito) 

  • ミニッツ署名 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。