水管理システム近代化計画プロジェクト

The Modernization of Water Management System in Thailand

国名
タイ
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
1999年4月〜2005年9月

プロジェクト紹介

タイの農業はチャオプラヤ川の水源に大きく依存していますが、乾期においては、農業用水の不足、末端圃場レベルの水利用の非効率などの問題を抱えており、水資源の有効な利用が課題となっていました。日本は、これまで、タイ農業・農業組合省王室灌漑局(RID)に対して、灌漑排水施設の計画・設計・施工に関する適正技術の移転を図るなどの協力を実施してきましたが、水資源のさらなる効率的な利用に資する技術の向上が必要とされていました。この協力では、RID職員に対して、圃場施設や灌漑施設のガイドラインの作成や水利組合の設立、農民に対する研修などを支援しました。これにより、対象地域の作物多様化を促進し、農家の所得向上に貢献しました。

協力地域地図

水管理システム近代化計画プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • モデルエリアでの乾期畑作物の栽培 

  • モデルエリアでの乾期畑作物の栽培 

  • モデルエリアの18R支線用水路 

  • 導入されたテレメータリングシステム 

  • 農家へのインタビュー調査 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。