国立衛生研究所機能向上プロジェクト

Project for Strengthening of National Institute of Health Capabilitied for Research and Development on AIDS and Emerging Infectious Diseases

終了案件

国名
タイ
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
1999年3月〜2004年2月

プロジェクト紹介

タイにおけるエイズ、感染症対策の中心的研究機関としての機能を担っている国立衛生研究所(NIH)は、1986年に日本の無償資金協力により建設され、その後も日本が継続的に感染症分野の研究能力の向上やエイズ予防対策などの技術移転を実施してきました。この協力では、NIHにおけるエイズおよび新興・再興感染症についての研究能力を向上させることを目的として、感染症の診断・検査技術の強化、病原体情報の解析、エイズコホートの設定などを支援しました。これにより、同国の感染症対策の向上に寄与しました。

協力地域地図

国立衛生研究所機能向上プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • HIVワクチン治験および血清バンクのための国内検体保管システム用冷蔵庫 

  • ワクチン治験および血清バンクのデータベース用コンピューター 

  • 記念碑 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。