工業用水技術研究所(フェーズ2)

The Project on the Industrial Water Technology Institute Phase 2

終了案件

国名
タイ
事業
技術協力
課題
環境管理
協力期間
2000年6月〜2005年5月

プロジェクト紹介

タイでは、急激な工業化に伴い、工業用水需要の急増による地盤沈下や、不十分な排水処理による水質汚濁が問題となっていました。同国工業省は、民間企業や工場局内関係者に対して水使用の合理化、排水処理・再利用、工業用水供給に関する技術指導を実施する機関として、新たに工業用水技術研究所(IWTI)を設置し、これまで、日本が、「工業用水技術研究所プロジェクト(フェーズ1)」として、IWTIスタッフの技術能力の向上を支援してきましたが、この協力(フェーズ2)では、工場内の管理者や工業省の検査官などを対象とした研修コースの運営や教材作成などの技術移転を通じて、IWTIスタッフのさらなる育成を支援しました。これにより、産業界において、より効率的な水使用やより効果的な排水処理が行われ、同国の環境の改善に寄与しました。

協力地域地図

工業用水技術研究所(フェーズ2)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • Field Latexの受入槽で工場側の説明を聞くカウンターパート 

  • 排水処理施設内の微生物(活性汚泥)を観察する大羽チーフアドバイザー 

  • 遠心分離後の洗浄工程における水使用状況を視察する専門家とカウンターパート 

  • 排水処理施設への流入水を観察する専門家とカウンターパート 

  • 供与機材を用いて水質分析を行うカウンターパート 

  • フローシートの書き方を説明する長沢専門家 

  • 超音波流量計による測定を技術移転する長沢専門家 

  • 工場技術者からのヒアリングや装置の使用確認を行うカウンターパート 

  • 排水処理プロセスを見学する専門家とカウンターパート 

  • 工場内の水使用プロセスを見学する専門家とカウンターパート 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。