母子保健プロジェクト(フェーズ2)

(Phase 2 of the Maternal and Child Health Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
カンボジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2000年4月〜2005年3月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

カンボジアでは、劣悪な環境にある母子保健サービスの改善が急務とされ、様々な協力が行われてきましたが、地方における母子保健サービスの改善など依然として課題は山積していました。この協力(第2段階)では、国立母子保健センターの機能強化と、地域医療を含む母子保健の改善のための人材育成強化を支援しました。これにより、医療従事者による、分娩率、妊婦健診率、帝王切開率がプロジェクト以降も継続して増加傾向にあり、同国全体の母子保健サービスの質の改善に大きく貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子