結核対策プロジェクトフェーズ2

National Tuberculosis Control Project Phese2 in the kingdom cambodia

国名
カンボジア
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2004年8月〜2009年7月

プロジェクト紹介

カンボジアでは従来から結核感染が死因の上位を占めており、世界保健機構の協力により結核対策が実施されましたが、人材不足やサーベイランス体制の未整備などの課題を抱えていました。これまで、日本は、「結核プロジェクト(フェーズ1)」により、主にDOTS(直接監視下における短期化学療法)の拡大やそのサービスの充実を支援してきましたが、この協力では、スタッフの運営管理能力の強化やDOTSサービスの質の向上などを支援しました。これにより、同国の結核による死亡数・罹患数の減少に寄与しました。

協力地域地図

結核対策プロジェクトフェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • バッタンバン州リファラル病院の培養検査室(検査の能力向上等を支援した。) 

  • フェーズ2において作成された検査ガイド(全国のラボ施設に導入) 

  • カンボジアへのDOTS導入記念碑 (同病院内に1999年に建立、看護婦が結核患者に結核薬と水を手渡し、服用を見届けている。) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。