法整備支援プロジェクト

(Legal and Judicial Development Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ラオス [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2003年5月〜2008年3月
事業
技術協力
課題
ガバナンス

プロジェクトの紹介

ラオスは、1997年にアセアンに加盟して以来、さらなる市場経済化を促進するため、国内法制度整備に取り組んできましたが、1980年代後半まで法務分野の教育が一時中断されていたことなどにより、市場経済化促進に資する法律や法制度に精通する人材が不足していました。この協力では、既存の法律などのデータベースの構築、教材や実務マニュアルなどの法律基礎文書の整備、法務・司法関連の職員の能力の向上などを支援しました。これにより、同国の立法・司法関係職員の法律基礎能力の向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報